アーティストについての悩み

【アーティスト】現代アートの芸術家・作家になる方法【一緒に仕事して見えたこと】

アーティスト(芸術家)のパトロンしてます、kotaroです。
7年ほど日本のアート業界にいますが、アーティストって本当に奇妙な生き物ですよね。

僕はパトロンでお金と手伝いという体力の支援だけで、直接作品は作りませんし、作れません。
ですが僕も何か作品を作ってみたいな・・・ということで、僕の7年間の知識をまとめてみたいと思いこの記事書いてます。

  • 現代アートのアーティスト・作家ってどうやってなるの?
  • 世界で活躍できるアーティスト(芸術家)ってどうやったらなれるの?
  • アーティスト(芸術家)になるための資格ってあるの?
  • 「アート業界」に評価されるための要素って何?

このような疑問を解決できる記事を用意したので、良かったら参考にしてくださいね。

取り上げる「芸術家・作家・アーティスト」の定義

まず、この記事で取り上げる「芸術家・作家・アーティスト」の定義をしてきますね。

一言で「作家・アーティスト」といっても、プロ教育を受けた人もいれば、趣味でやっていたら突然ブレイクする人など、様々ですよね。

今回僕のサイトで扱う「芸術家・作家・アーティスト」は、

【作家・アーティストの定義】

  • 問題定義のアート作品を作っていて、デザイン優先ではない
  • 自分が作りたいものを作っていて、市場主義ではない
  • 自分が見たい世界がある

つまり、「アート業界」に評価される要素を持っている人のことですね。

「アート業界」と「一般」の評価は違う

日本のメディアで取り上げられるアーティストの多くは、

  • 超絶技巧で、高級感
  • デザイン的にオシャレで、華やか

こんな人で、Twitterやインスタで突然誕生するアーティストも多いです。
ただこのような人はメディアには取り上げられてはいても、日本の「アート業界」には取り上げられないので、一発屋的で終わります。

なぜなら、「アート業界」で扱うには、要素が足りなさすぎるから。

今回僕がサイトで取り上げようとしているような作品を作る日本のアーティストの多くは、実は海外からの出戻り的な人が多めです。

  • 世界で活躍できる現代アーティストになりたい
  • 「アート業界」で評価され、日本のアート史に残りたい

こんな人に向けて書きますので、Twitterやインスタの投稿きっかけでブレイクを目指している場合は、ちょっと当てはまらないと思うので、先にお伝えしておきますね。

芸術家・現代美術のアーティストってどうやってなるの?必要な資格は?

まず書いておきたいのが、芸術家・アーティストになるための資格です。
実は、アーティストや作家には資格は不要です。誰でもなることができます。

  • 必要な資格:不要
  • 決まった年齢:なし
  • 決まった分野:なし

自分で「作家と名乗ろう!」「僕はアーティストだ!」この思いだけでなることができます。
それが「作家・アーティスト」という職種です。

ただ、本当の意味で日本のアート業界で評価されたいのであれば、実は必要なモノがあります。

気になる方は、コチラの記事もどうぞ。
※美術教育の必要性

アーティストへのなり方

これから3つのアーティストのなり方を紹介します。
王道中の王道のなり方から、イレギュラーななり方まで様々ですが、これらの例は、あくまでたくさんある方法の中の、ほんの1部の方法でしかありません。

アーティストになる方法は無限にありますので、自分の作品やライフスタイルと比較して参考にしてみてください。

アーティストのなり方1:美術教育のあるアーティスト

まずは、一般的なアーティストのなり方についてです。
「王道中の王道」といっても過言ではないです。

【流れ】

  1. 美術系の大学を卒業する
  2. 在学中に賞をとる
  3. ギャラリーと契約する
  4. 大学卒業後、アーティストとして活動する

美術の英才教育を受けた、日本でも海外でも通用する芸術家・作家・アーティストのなり方です。

順に解説します。

美術系の大学を卒業する

いわゆる、美大と言われる大学に入学して、美術の基礎を学んでいく方法です。

  • 東京芸大
  • 武蔵野美術学校
  • 京都造形芸術大学など

この辺りの大学が有名ですよね。
美術教育ってとても特殊で、医者になるには医学部卒業が必要ですし、弁護士になるには法学部卒業が必要なことと同じです。

美術教育を受けた作家・アーティストのメリット

美術教育の基礎を学んでおくと、

  • 専門知識だけでなく、鉄鋼・絵画・写真・動画・古典など、幅広く学べる
  • 作品制作の幅が広がる
  • 作品コンセプト文が広がる
  • 専門分野の人脈ができる
  • 留学の情報が入ってくる
  • 「アート業界」への入り口である

結果、作品の世界観が広がります。

在学中に賞をとる

大学に在学中は、掲示板などに様々なアート賞の公募がありますので、積極的に応募することをオススメします。

  • 岡本太郎賞
  • シェル美術賞
  • CAF賞など

これらの賞に入選することで、作品がギャラリストや美術館のキュレーターの目にとまり、今後の活躍につながるかもしれません。

ギャラリーと契約する

アーティストの目標として多くあげられるのが、「ギャラリーとの契約」ですよね。

  • 作品がギャラリストの目にとまる
  • 大学の恩師からギャラリストの紹介を受ける

ギャラリストの目に自分の作品が止まることで、自分の作品を優先的に販売してくれるギャラリーができます。

つまり、作品がお金になり、生活と製作活動が豊かになっていきます。

大学卒業後、アーティストとして活動する

ギャラリーがつけば、定期的な展示が決まるので、その展示に向けて作品を作ります。

  • 個展
  • グループ展
  • アートフェア
  • アートイベント

ギャラリーが仕事を取ってくるので、作家はその仕事をこなしていきます。

時には海外のレジデンスに参加し、自分の作品と、ギャラリーの名を売ってくるのもいいでしょう。
海外の知り合いが増え、海外での展示機会も増えていきます。

アーティストのなり方2:途中で美術教育を受け直す

続いて、美術教育を受けたことが無いけれども、作家・アーティストになる方法です。

  • まだ美術教育を受けたことは無いが、アーティストになりたい
  • 芸術家・アーティストを目指したい

社会人になってこう思う人もいるのではないでしょうか。

僕もこんな人を多く見てきましたが、大丈夫です。
社会人になってからでも美術教育を受け直せば、日本でも世界でも通用する作家・アーティストになることができるので、安心してください。

その方法とは、

【流れ】

  1. 芸術系の通信教育大学や大学院、有名アーティストが主催するスクールに通う
  2. 展示を重ねる=アーティストとして活動する

順に解説します。

芸術系の通信教育大学や大学院、有名アーティストが主催するスクールに通う

先ほども少し触れましたが、「アート業界」に評価される要素が必要で、それは「美術教育を受けているという学歴」です。

その学歴は、

美術知識のある人から教育を受ける

ことが必要で、どこの大学でもいい、どんなアーティストでもいい、というわけではないんですよね。

展示を重ねる=アーティストとして活動する

美術教育を受けたあとは、世に出て展示をこなすのみです。
ただギャラリーに所属している場合とは違い、自分で展示の機会を探す必要があります。

  • ギャラリーをまわって探す
  • ネットで探す
  • 公募に応募する
  • 知り合いを作って探す
  • 貸しギャラリーで展示をする

おそらく、「最初の展示」のきっかけを作ることが一番難しいと思います。
なぜなら、「実績が無い人」は展示を行う組織側も不安で、扱いにくいからです。

アーティストのなり方3:独学でアーティストになる

この方法は有名にはなれるかもしれませんが、「アート史」に残れる可能性はゼロに等しいです。

日本での活躍はできるでしょう。
ただし、世界のアート業界での活躍は、かなりの時間がかかると思います。

なぜなら、作家・アーティスト自身の生い立ちの中に、アートを語れる要素があまりにも少ないからです。

【流れ】

  1. 展示に応募し続け賞を受賞する
  2. 本やグッズを出版する

では順に解説しますね。

展示に応募し続け賞を受賞する

まずは展示などの公募展に応募し続けましょう。
ただ想像してみてください。

学歴もない、名もないアーティストの作品が突然に、アート業界のセンター オブ センターである賞を受賞できるでしょうか。

できませんよね。

もし受賞した人がいたとすれば、

  • 「アート業界」の中心に知り合いがいる
  • 引き上げてくれる関係者がいる

それだけです。

最初は小さな賞で構いません。
その賞を積み重ねて、知名度を上げていく必要がありますよね。

※賞を積み上げる必要性

ポートフォリオに展示歴が増えてくると、受賞歴も増えてくるはずです。

本やグッズを出版する

展示に拍をつけるために、自費で本を作成し出版するのも手ですね。
本を製作しておくと、

  • 展示を見に来た人が、気に入れば購入してくれる
  • 中には、ギャラリストが購入することも

あなたの展示を見た人が、自宅に帰ってからでも作品を思い出すことができますよね。

出版が賞に繋がる可能性

またアート分野によっては、本を出すことで「賞」を受賞できるモノもあります。

この「賞」にノミネートする方法はただ一つ。

出版社が推薦すること

なので、アーティストとしての成功を考えて本を出版するのであれば、出版社も選ぶ必要がありますよね。

やりすぎは禁物

ただ出版やグッズ完売は、やりすぎは禁物です。

コンテンポラリーの世界では、あまりアートの背景で儲けに走ってしまうと、コンテンポラリーの作品とは見られなくなってしまいます。

グッズで儲ける=コマーシャル作品

なぜなら、芸術家・アーティストは「思想」を売るのですから。
お金のための「作品」であれば、コマーシャルです。

アーティストにコミュニケーション能力は欠かせない

アーティストになる場合、コミュニケーション能力は欠かせません。

  • こまめに展示に顔を出す
  • アート業界に人脈を作る
  • 人脈を生かして、業界のコアな部分に入っていく

どの展示にも顔を出す人って、いますよね。
そうやって人脈を作り、権力者に評価されることが必要です。

日本の美術教育の重要性

日本の現代アートの世界って、美術教育を受けているかどうかとても重要視しています。

岡本太郎賞受賞者を見てください。
みなさん、美大や、美大院卒ですよね。

仁科展受賞者を見てください。
各美術協会の会員ですよね。

木村伊平賞の受賞者を見てください。
日本写真協会の会員ですよね。

日本のアート業界は、すごく権威に縛られています。
なので、学歴も知り合いもいないのであれば、このような協会に所属し、目上の人に気に入られるのが一番手っ取り早い成功の道でしょうね。

ただですね、もちろん、この方法でも成功していないアーティストはたくさんいますよ。
※協会に所属しないアーティストもいます

アーティストの仕事の証明が欲しい

少し話は逸れますが、アーティスト・芸術家になったことで、自分がアーティストになった証明が欲しい場合ってあると思います。
そんな時は「開業届」を提出し活用することをオススメします。

開業届とは
  • 「お店を開いたよ」と国税庁(税務署)に知らせる書類
  • 提出書類:A4の用紙1枚
  • 提出先:近くの税務署
  • ギャラリーを始めて1か月以内に提出

個人事業主になったことを税務署にお知らせする書類なのですが、ここに「職種」を書く欄がありますよね。
この部分に

「作家」「アーティスト」「芸術家」「美術作家」

と書いて、税務署すればOKです。
後日税務署の受付印が押された「開業届」の返信があるはずです。

これで、アナタがアーティストとして仕事を始めた証拠、国に認知された照明になりますね。

※詳しい記事はコチラ

まとめ:アーティストとしての成功補償はどこにもないのが現実

最後に現実としてお話しておくことがあります。

どの方法を通ったとしても、アーティストとしての成功の補償はどこにもありません。

ただ1つあるとすれば、「展示を積み重ねること」それだけです。

展示・発表に機会がなった=アーティスト生命の危機

ですからね。

では今回の記事はこの辺で。
いつかアート業界であなたとお目にかかれること、楽しみにしています。

またね。