恋愛の悩み

6日目:『好きだけど別れたい』と元カノに伝えた私のその心は

サキです。
私は、元カノのことがとても好きでした。
今でも好きです。

だけど、私の口から出たのは「別れましょう」という言葉。

少し後悔もしています。
だけど、あのときの私は、言わずにいれなかったのです。

恋愛に疲れてしまった

元カノへの気持ちは変わりません。
でも、今回の恋愛では、第三者の人が入ってきたことで、感情が良くも悪くも揺さぶられ、とても疲れてしまいました。

元カノに相談された1人の女の子

クラスに馴染むことができない女の子の心に寄り添うことを決めた彼女は、人としてすごい人だなと思っています。
それは別れた今でも、アナタとお付き合いして良かったと思わせる誇りです。

 

春、新しいクラスの担任になった元カノから、相談がありました。

  • 見た目は普通の、今どきの女の子
  • 勉強ができる
  • 周りが、かける言葉に気を使う
  • リストカットを繰り返す
  • 今は、学校を休んでいる

どう接していったらいいのかな?って悩んでいました。

 

まずは、顔を覚えてもらおうと2人で話をし、その女の子の家に彼女が行くようになりました。
ご両親は資産家で、とても賢い方だったそうです。
また、教育に関しては厳しい印象を受けて帰ってきた元カノ。

きっとこの子は自分を認めることができなくなっていると思ったので、
「できていることを、褒めてあげよう!」
と、元カノは、行くたびに彼女を褒めてあげていたようです。

自分を認めてくれる人がいる安心感

元カノが彼女のことを褒めてあげることで、休みがちだった彼女は学校にくることができるようになったようでした
自分を認めてくれる人がいるって、安心できますよね。
本来は、彼女のお友達でそのような方が出てきてくれたらよかったのですが・・・

 

元カノが、お友達の役割をも取りすぎたのでしょうね。
彼女は、元カノに強い好意を持っているようでした。

元カノが数日間の出張に行っている間に、私と元カノが住む自宅へやってきました。
インターホンを鳴らした彼女は、私が元カノの部屋から出てきたことに、とても驚いていました。
一緒に住んでいることを知られたら、彼女の心が心配です。

 

この時は、妹、という話にしました。

逸らすことができない好意

気づいたころには、もう逸らすことができないくらい強い好意を受けていた元カノ。
彼女を、度々家に入れてあげていたようでした。

元カノは弱い人に優しくて、とてもイイ人なのです。
受け入れなければ、また彼女が学校に来なくなるかもしれない。
そう思って彼女のためにと時間を作っていましたが、それ以外の時間が私にも使われていると知ると、彼女は私を気にし始めました。

そして、2人で話し合って、別れることにしたのです。
元カノは、自分が浮気したのだと言いました。

そうだと思います。
体の行為があったのでしょうから、浮気だと思います。

今でも私は、元カノのことが好きだけれども、何もかも捨てて、人を不幸にしてまで、その人からアナタを取りも出したいとは思えない。

私は、優しすぎるのでしょうか。
それとも、単なるお人よし?

 

メンタルが疲れてしまうなんて、なんとも私らしい気がしています。
元カノも、別れを切り出した私を追いかけることなく、すんなりと手を放してくれました。
きっと・・・同じ気持ちだったのかな?

飽きてしまったのだと思います

とても酷い話なのですが、最終的には、私は元カノとの恋愛に飽きてしまったのだと思います。

彼女は公務員でした。

いつも決まった時間にお仕事に行き、決まった洋服を着て、決まった身支度で出勤をしていく。
食べる物も、定番メニューが多いし。

 

そのことが安定感であり、安心感でもありましたが、反面、つまらなくなってしまったのだと思います。
私は、オシャレが好きです。
でも彼女と付き合うようになって、服にあまりお金をかけないようにしていました。

これは彼女に言われたからではなく、私が勝手に、彼女の価値観に自分を合わせただけ。

 

そうとでも思わなければ、そうとでも書かなければ、私自身が納得ができません。

私が飽きたのです。
頑張りすぎたのです。

 

でも、無理に合わせることはなかったのだと思います。

次の恋愛では、好きなことをぜん全力で楽しむことができる恋をしたいです。





訪れてくださりありがとうございます。

サキ
サキ
ではでは、また次回


ランキングに参加しています。
▼良かったらぽちっとお願いします。