美術大学はお金がかかる理由。現代アートは兎に角、お金がかかる。

美術大学はお金がかかる理由。現代アートは兎に角、お金がかかる。

アートは安いイメージですか?高いイメージですか?

きっと多くの人は、アートは多くのお金が動く世界であると感じていると思います。

そう、アートは安い、高いにかかわらず、兎に角お金が動く世界です
その点を、美大進学をとっかかりとしてご紹介します。

 

学費という授業料

大学の授業料は、安くはありません。

国立の美術大学の1年間の授業料が60万円程度です。
国立の、文学部の年間授業料が60万円程度ですから、国立の大学に進学することは、学費を抑えることにつながると思います。
しかし、私立の美術大学の授業料は1年間に200万円程度と、国立の3.3倍の学費がかかります。
この額を4年間支払うわけですから、国立の美術大学の授業料は4年間で240万円、私立の美術大学の授業料は4年間で800万円と、大きな学費が必要となります。

 

専門の書籍代

美術の書籍の多くは外国で出版されており、輸入して購入する必要があります
そのため、費用が増してかかります。



また作家独自のアーティストブックは、アーティスト自身が自費出版をしている場合が多く1冊あたり5000円から数万円するものが多くあります。

 

制作に使用する道具代

そのアートの専門性によって、作品を制作するためには様々なお金がかかってきます。
例えばペインターだと、サイズにもよりますがキャンバスが5,000円、絵の具が300円×50本、また筆などの消耗品に2万円、
そう考えて1枚を仕上げるためには最低4万円はかかります。

突然取り組んだそのキャンバス1枚で、作品が完成することはほとんどないと思います。
別のキャンバスを使用したり、張り替えたり、絵の具を追加しとしていると、1つの作品には数十万円がかかります。

音楽家だと、使用する楽器によって数百万円、彫刻家は素材に数百万
アートはノートと鉛筆だけではなかなか成り立たないもので、道具にも費用がかかります。

 

美術館等に関する入館料

都内の美術館の入館料は2,000円~3,000円程度します。
月に1回は、このクラスの美術館に足を運ぶことを考えたいですよね。

 

コンペに出すのもお金がかかる

コンペティションに応募するために、1応募当たり3,000円程度の出品料がかかります。
このお金は、受賞者の賞金や、審査員の人件費などに回されます。

 

アートを満喫する1年間の大学生活にかかる費用をシュミレーションしてみよう

 

・授業料-国立60万円、私立200万円
・部屋代-6万円×12カ月=72万円
・生活費-4万円×12カ月=48万円
・書籍代-5,000円×6冊=3万円
・美術館-2,000円×12回=24,000円
・コンペ-3,000円×3回=9,000円

 

一旦まとめてみると、国立で187万円
私立で327万円程度のお金が、1年間に必要になります。

20代社会人の年収程度の額です。
しかしこの額は、美術以外の大学に進学した場合の額と似ています。
書籍代でお金がかかるのは、医療系でも同じことです。しかし、美術大学が違ってくるのは、ここからです。
これに

 

・制作費-100万円から500万円

 

がプラスされます。
アートは作ってなんぼ、の世界ですよね。
作品という物がないと、展示ができません。

 

この制作費がプラスされてくることを考えると、1年間で国立は300万円私立は450万円程度のお金が必要になります。
一般の家庭では奨学金なしでの進学は相当の貯金がないと難しいことが予想されます。

アートはお金がかかりますね。

アーティスト入門カテゴリの最新記事