ブログを始めることにしました。

ブログを始めることにしました。

初めまして、Murphyといいます。

私は、世界中のどこかに住んでいる既婚の日本人で、年は30代。
アーティストのパートナーと生活をしています。
アーティストと生活をしているだけで、私はアートの専門家ではありませんし、アートの制作もしたことはありません。
組織に所属し、社会で働いて生きています。

初めてパートナさんに出会ったときは、今から随分と前のこと。
大学を卒業して、まだヒヨコ状態だったパートナーさんは、海外で製作を始めようとしていた頃でした。

その頃は、パートナーさんの名前を知る人は、現地にも、日本にも誰もいません。
制作費節約のために、毎日安いパスタを食べていたり、日本から持って来ていた服を着つくしたり、
氷点下になる夜もバイトのために外に繰り出し、翌日にはおお風邪を引いてみたり。

 

パートナーさんの家柄は、お金持ちではなく、日本でいうごくごく一般の家庭でした。
ですから仕送りも受けず、自分ですべてを一から頑張っている様子をずっと見てきました。

 

今では、やっと日本でも紙ベースや映像単位などでも掲載されるようになり、みなさんのお目にかかる機会も増えているのではと思っています。

パートナーのことを詳しく書いていくと、個人が特定されることになるので、このあたりにして。

 

 

 

私から見ていると、
日本のアートの世界は、私が社会人として過ごす世界とは、随分と違ったものに感じます。

例えば、
1.日本では、工芸的な完成度の高い商品をアートとして重要視される
2.日本のアートを批評する力がある、と言われている人が『高齢』
3.日本のアーティストは、簡単に食べることができない

などなど、アーティストを目指す人にとって、すごく夢を描きにくい世界ではないかと思っています。
でもこの世界も、先に世界のことを知っておくと、
いくらか過ごしやすいかもしれません。

知らなかった私たちも、随分と苦労をしました。
でもアーティストという生き物は不思議な生き物で、こういうゴタゴタした人間関係の苦労はすぐに忘れていくのです。
自分が通った過程なんて、意識もしない。
いつも考えていることは、これからの自分の展示と、作品のことだけ。

ね。変わった生き物でしょ?

 

だから、この変わったアーティストと言う生き物の紹介と、
自分の好きなことを、純粋に広めたいなと考えるパートナーさんのような人がもし、今の時代にもいたら、
その人のために、
知っておくといいなと思うことを、書いていけたらいいなと思っています。

ぜひ、日本の生きた化石たちに負けずに、新しい発想で勝負してください。

プロフィールカテゴリの最新記事